その他高校転校

高校転校には、不登校や留年以外にも基本となる「引越し」や「帰国子女」の転校などがあります。この場合、各都道府県の学校へ転校する事ができます。しかし、どの高校も転校数や転校時期に限りがあるため、早い段階から決めておかなければいけません。

帰国子女の転校では、両親が海外滞在の場合は全寮制高校だと安心して預ける事ができます。

いろいろな転校理由がありますが、このサイトでご紹介している高校ではいつでも受け入れ可能です。

第1位 青山高校(全日制・共学) その他★★★★★

青山高校は帰国子女による突然の高校転校にも対応しており、高校入学段階から帰国子女が受験しているなど、帰国子女の受け入れ体制はしっかりしています。難関大学受験を目指す帰国子女生に対しても国公立対応のコースや早慶・上智・ICUへの対策コースもあります。

⇒青山高校への転校体験談を見る

第2位 クラーク記念国際高校(通信制・共学) その他★★★★

クラーク記念国際高校は転校したい子に気軽に通えるように通学スタイルとレポート提出スタイルなど複数の在籍パターンを用意してくれています。また、通信制なので3年で卒業できなくとも、期間を延長することも可能です。

⇒クラーク記念国際高校への転校体験談を見る

第3位 桜丘高校(全日制・共学) その他★★★

桜丘高校には、帰国子女性が多く集まっています。転校生も対応していて、帰国子女生向けの独自の対応をしてくれます。そのため、難関大学進学も多数実現しており、安心して転校することが可能です。また、保護者の海外在住ケースでも対応可能です。。

⇒桜丘高校への転校体験談を見る