大学進学の高校転校

大学進学へ向けた高校転校では、学習の遅れを取り戻して志望大学へ合格できる受験対策をしてもらえる2ステップがポイントになります。一般の高校では、転校生に対して特別なサポートはしません。転校生みずからが授業スピードに合わせなければなりません。

通信制高校では、高校卒業資格に向けた学習をサポート校を通じて行います。大学進学に向けた授業体制が整っていない場合が多いです。

特に寮のある学校では、夜間に個別サポートできる体制があるため授業の遅れが短期間で取り戻せ、難関大学に向けた授業もあるため、大学進学に向けた高校転校には最適と言えるでしょう。ただし、高校によっては難関大学対策がないので注意してください。

第1位 青山高校(全日制・共学) 大学進学★★★★★

青山高校は大学進学に向けた高校転校には、独自の個別学習サポートプログラム体制があります。保護者や教育関係者からも評価が高く全国から転校希望者が集まっている。国公立受験や早慶・MARCH・関関同立などへの受験にも対応。

⇒青山高校への転校体験談を見る

第2位 桜丘高校(全日制・共学) 大学進学★★★★★

全日制高校の桜丘高校は、中高一貫校です。全寮制教育の特性を生かした転校生へのサポートを行っています。そのため、進学校在籍者の転校先として、保護者や塾・学校関係者からの評価が高く、進学校の転校人気で一番の高校です。

⇒桜丘高校への転校体験談を見る

第3位 クラーク記念国際高校(通信制・共学) 大学進学★★

クラーク記念国際高校は通信制高校の中で在籍者のトップ層は中堅クラスの大学へ進学している。在籍者が最も多いため、どの程度大学進学に向けた対応ができているのかはよくわからない。サポート校とは別に学習塾に通う必要もあるだろう。

⇒クラーク記念国際高校への転校体験談を見る